モンキー桜

20代 お金×働き方の漫画ブログ

野村證券の採用で「尊敬する人はAKBのたかみなです」と言って内定した話

牙をむく黒歴史

 
こんにちは。元野村證券のきはるです。
 
現在帰省しています。
 
実家に帰ると「きはる!部屋にあるCD片づけてね!」と母親に言われました。
 
 
「何かあったかなー」と思って確認すると・・
 
 

f:id:kisaru:20170218033801p:plain

 
うおおおおおおおお(;゚Д゚)!!!!!
 
 
AKB48、NMB48、Notyet、ノースリーブス…etc.
学生時代、一時期ハマっていて集めた遺物たち。上京の際に部屋に封印してそのまま忘れてました。
 
とてもつらい。 もはやエロ本を見つかった気持ちに近いです。
 
お母様、親不孝な息子をお許しください・・。
 
そして、これらの遺物を眺めていると、学生時代の黒歴史な思い出が頭をよぎります。
 

 

最高に楽しかったオタクライフ

 
お察しの通り、学生時代の私はキモオタでした。
 
5年ほど前にAKBが社会現象になり始めた頃ですかね?
 
CDを複数枚買って握手会に行ったり、
総選挙で推しメンの順位に一喜一憂したり、
カラオケでは踊りながら歌ったり・・。
 
その様に友人と楽しくオタクライフを過ごしました。
 
それら友人は、大学でもイケイケの集団に属するイケメン・美女が多かったです。
そしてそんな彼らとAKBを絡めてバカやるのが最高に楽しかった。
 
なので「俺らだってリア充だ!!」と思っていましたね(´ー`)
キモちいオタクをしてたのは良い思い出です。
 
※余談ですが、その間は彼女ができませんでした。
 
 

野村證券の就活でもAKB推し

f:id:kisaru:20170218110528p:plain

 

学生時代、就職活動でもそのキモオタっぷりを発揮しておりました。
 
面接の質問で、度々以下のようなことを聞かれます。
 
「あなたが尊敬する人は誰ですか?」
 
 
それに対して私は、こう答えてました。
 
「尊敬する人は、AKBの高橋みなみさんです!!(キリッ)
 
 

◆補足:高橋みなみ - Wikipedia より

 高橋 みなみ(たかはし みなみ、1991年4月8日 - )は、日本の歌手、タレントである。女性アイドルグループAKB48の元メンバーでチームAに所属し、AKB48グループの初代総監督を務めた。愛称はたかみな。
 
 
今思うと、就活でAKBを推すとか本物のアホやん。
 
もちろん、奇をてらった答えをしたかったわけではありません。
その頃の私の脳内は「たかみな総監督バンザイ \('ω')/」という感じでした。
 

就活の「尊敬する人」で言うほど『たかみな』を推す

 
元AKBのたかみなに関しては、AKBに興味が無くなった今でも心から尊敬しています。
 
ここまで彼女を尊敬する理由は2つあります。
 

理由①シビアな実力主義に生きている

 
まず、AKBグループの全員に言えることですが、
AKBという、超実力主義のシビアな世界 で努力しているのが凄すぎです。
 
▼AKBはこんな世界▼
  • 総選挙で順位をつけられて世間に公開される。
  • 学業と両立して歌やダンスの練習をしている。
  • 色恋沙汰があれば炎上し、最悪クビになる。
  • いつもアンチに叩かれる。
 
「アイドルだし当然だろ」と言う人もいるかもしれませんが、
これを一般的な営業マンで考えると・・
 
  • 営業成績を家族や友人にも公開される。
  • 長時間労働が当たり前となっている。
  • 恋愛にうつつ抜かすと、最悪リストラになる。
  • 営業先に「お前らは詐欺師だ!」と頻繁に言われる。
 
どんなブラック企業だよwww
 
 
AKBの世界と比べると、会社員がぬるく思えます。
 
しかもメンバーのほとんどが私より年下の10代~20代前半
遊びたい盛りの女の子が、こんなシビアな世界に身を投じているなんて脱帽です。
 
AKBを非難する人は数多くいます。
しかし、匿名で他人の悪口を言う人よりも、泥臭く頑張る彼女たちの方が人として素晴らしいと私は思います。
 

理由②たかみなは「努力の天才」である

 
AKBグループの中でもなぜたかみなか。
どうして、圧倒的人気のある前田敦子・大島優子・指原莉乃ではないのか。
 
それは、元AKBのたかみなが、
 
「誰よりも努力する姿勢」
「誰からも信頼される人柄」
「周囲を巻き込む素質」
 
という、ビジネスに不可欠な才能を持っているからです。
 
 
今や国民的アイドルグループとまで成長したAKBグループ。
しかし、デビュー当時から順風満帆だったわけではありません。
 
秋葉原にある劇場。
デビュー初日の講演に来たお客さんの数は・・
 
たった7人
 
一期生のたかみなは、当時13歳
広々した劇場にお客さんが7人だけとは、幼い女の子には厳しすぎる現実です。
 
大人でも心が折れますよね^^;
 
正直、たかみなは顔やスタイルに恵まれているわけではありません。
ダンスに至っては、下手すぎてメンバー全体の振り付けを変えさせるほどだったとか。
 
そんな彼女に唯一あったのは「泥臭さ」
 
逆境にも負けず真摯に頑張る姿勢は、AKB全体に大きな影響を与えました。
 
たかみなは、メンバー・スタッフ・ファンの誰からも信頼されて、チームのリーダーを務めていました。また、卒業数年前かえらはAKBの総監督という役職を担うようになりました。
 
AKBは、不器用だけど努力家の少女を中心にして、国民的アイドルグループとまで成長します。
 
そして当初は7人だったお客さんは、いつしか東京ドームを満席にするまでになりました。
 
 
たかみなは、誰よりも努力して、誰からも信頼されて、周囲を巻き込み、最高の結果を残しました。そんなたかみなを私は心から尊敬しております。
 
 

面接の「尊敬する人は誰ですか?」の意図

 
以上、私が元AKBのたかみなを尊敬している理由でした。
 
採用面接でよくある「あなたが尊敬する人は誰ですか?」の意図は、「あなたの価値観を教えて下さい」ということす。
 
なので、「両親です!私を育ててくれたから^^」との様な、
質問の意図を理解してない答えを言ったら即アウト。
 
「〇〇さんの△△なところを尊敬しており、それをロールモデルにして御社で✖✖したい」と伝えましょう。
 
ちなみに野村證券の人事にたかみなについて話した時は、
  1. 実力主義でバリバリ働く
  2. 努力して信頼されて結果を出す
という点を強調して伝えました。
 
たかみな推しが功を奏したかは不明ですが、とりあえず人事は大爆笑していました(笑)
 

おわりに 

 
たかみなは、私がリスペクトしている20代の第一位です。
 
最近はDAMチャンネルで見るけど、何かの間違えで「ナオト・インティライミに似てる枠」で対談できないかなぁ。
 
面接があるなら是非参加したいものです^^
 
ではでは