読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー桜

20代 お金×働き方の漫画ブログ

野村證券は生死を掛けたコスト削減へ。社員は時代の荒波にも、飛んでくる四季報にも負けるな!

野村證券

2016年、証券会社の皆様お疲れ様です 

 

f:id:kisaru:20161231033826j:plain

 
12月30日は証券取引所の大納会でした。
 
2016年は、
「マイナス金利の導入」
「イギリスのEU離脱」
「大統領選挙でトランプさん勝利」
と、証券会社にとって波乱の一年だったと思います。
 
また、野村證券からしたら、「私という社会不適合者の出現」とね(笑)
 
しかし、荒れた相場も年末にかけてV字回復。証券会社の社員は良い年末を過ごせるのではないでしょうか^^
 
(今回、野村證券記事ですが、途中に「野村マン川柳」とかもあるので、皆さん最後まで読んで頂けると幸いです。)
 

2017年は野村證券にとって変革の年?

 
12月29日に、ネット上で野村證券社長のインタビューが話題を集めました。
 

www.bloomberg.co.jp

  記事を超ザックリと要約すると、

  • 野村證券は高いコスト体質
  • 今後はコスト削減に注力する
  • 経費の無駄遣い、無駄な労働を抑制する
  • 社員の人員削減配置転換もありうる
 
グラフを見ても、確かに今のままではコストが掛かりすぎです
 

f:id:kisaru:20161230230926p:plain

f:id:kisaru:20161230230945p:plain

 
 
このグラフだけでは一概には言えないですが、
野村證券はナンバーワンの証券会社ではあるが、コスト意識の低さが欠点のようです。
 
 
・・なぜこうなってしまったのか。
 
先日、

退職しているけど「野村證券を変えてくれ!」と言われた私。 戦艦・野村證券に新しい時代の到来を伝えます。 という記事でも書きましたが、社員の中にある「驕り」が原因だと思います。

 

「野村證券は今もこれからも最強の会社だ!」
「そして社員の俺も最強だ!」
「俺は一生お金に困らない!」
 
 と考える悪しき慣習です。
  
▼過去記事▼
 
その「驕り」、足元を気にしない姿勢が、コスト体質にも表れていると思います。
 
自分の生活費や娯楽費もコスト削減できない人が多いので、それもです・・。
 

コスト削減を習慣化させるコツ

 
そんな私も社員だった頃は、支出など気にしない浪費症で、夕食は毎日外食。一人の時もビールや地酒を飲んでいました。
 
しかし、野村證券を退職した今、私はラーメン屋でトッピングを注文しないほど質素な生活をしています。むしろラーメン屋に行くのも控えてます。
 
不憫に思われるかもしれないですが、その生活が「あたりまえ」になれば余裕です。
 
私はフリーとして成功するという夢のにために支出を抑えてます。苦痛どころか、節約できていることに満足感すら抱いています。
 
経費の削減も最初はストレスかもしれません。
しかし、「自分たちの未来のためだ!」と目的意識を持つことで苦にならず習慣化できます。
 
 
 経営が大きく舵を切ろうとしても、乗組員の2万9千人が動かなければ巨大戦艦は方向転換できません。 
ひとりひとりが前向きな考え方を持って頑張って頂きたいです。
 
 

社員は資産でもありコストでもある

今回のコスト削減は、無駄遣いや無駄な労働時間だけではありません。  添付した記事で、コスト削減に向けて「人員削減や配置転換をする可能性もある」と記載があります。
 
今までは、ダメな営業マンも会社に守られていましたが、今後はリストラもしくは、戦力外通告のような部署異動があるかもしれません。
 
金融の営業は、売る商品にカタチが無いので「自分を売る」という表現がされます。
なので、 会社にとって社員は商品。一番の資産であり一番のコストでもあります。
 
ダメな営業マンは売れない商品と同義。つまりコストでしかありません。
  
私も退職せずに悩んだまま働いていたら完全にコストでした。仕分けの対象になっていたでしょう。
 
悩んでいる人は考え方を変えなければマジでヤバそうですね^^;
 

変革へ 野村證券 舵を切れ 

 
とはいえ、野村證券は前向きな社員も多いため、変革できると私は信じています。
 
野村證券の中堅社員の人に聞いたいたのですが、
この間、野村證券で人権啓発標語川柳を募集したそうです。
 
例えば、
 
 
  さわやかな
 
  挨拶ひとこと
 
  うれしいね
  
 
 ・・みたいなやつです。
 
しかし、今年は一風変わった川柳が多かったようです。
 
紹介します。
 
 
 
~野村マン川柳~
 
 
  おいお前!
 
  その一言で
 
  心病む
 
 
 
  役員が
 
  僕を忘れて
 
  君の名は?
  
 
 
  その残業
 
  社会が見ている
 
  夜の窓 
 
 
 
  相場より
 
  高まりゆくのは
 
  離職率
 
  
 
  四季報は
 
  投げるものでは
 
  ありません
 
 
 

f:id:kisaru:20161231005412p:plain

  
・・・・・(´_ゝ`)
 
 
色々とツッコミたいところが多いですが、
 
  こんなボケ
 
  考えれるなら
 
  まだいけるwww
 
野村證券、流石と言わんばかりの個性です(笑)
 
まぁ、色々言いましたが私が偉そうに言える立場ではないですね( ;∀;)
 
ですが、私も絶対に来年こそは大成します!!
 
というわけで、もう2016年も終わりですが、「来年の抱負」を込めて最後に一句。
 
 
  近き春
 
  さる年祈る
 
  桜咲け
 
 
おあとがよろしいようで^^
 
 
「きはる」「モンキー桜来年もよろしくお願いします\(^o^)/
 
▼関連記事▼