モンキー桜

20代 お金×働き方の漫画ブログ

【働き方改革】 会社員が副業をする13個のメリット

世の中は副業解禁へ

 f:id:kisaru:20161227211425j:plain

こんにちは。フリーランスのきはるです。

12月26日(月)、日本経済新聞の朝刊のトップに以下のような記事がありました。 

 

www.nikkei.com

 

要約すると、

  • 将来の日本の労働力不足を補うために副業を普及させるよ
  • 副業禁止の企業が多いけど副業を解禁させる流れにするよ
  • そのためのルールを作り、体制を強化させていくよ

ということを政府が言っております。

 

 

少し前までは、

 

「本業に支障をきたす恐れがあるから禁止だ!」

「内部情報が流出する恐れがあるから禁止だ!」

 

という声が一般的でした。

しかし、今では副業解禁は国の方針です。

フリーランスたちが勝手に言っているわけではありません。

 

時代は変わりますね。

 

 

  

副業解禁は大丈夫?デメリットは?

 

副業解禁。最近よく聞く言葉ですが、実際のところどうなのでしょうか。

 

よく、副業解禁のデメリットとして取りあげられるのが、

  • 顧客情報・企業秘密の漏洩
  • 長時間労働

この2つは確かに怖い。

 

近年、残業をさせたらブラック企業と叩かれる世の中です。別会社と組んだりして「本業+副業で」長時間労働をさせる企業が現れるかもしれません。 

 

そのような事態も考慮した今回の「就業規則の改定」です。

 

副業解禁のメリットとは

 

今までは、上記のようなデメリットだけ注目されて副業は禁止されてきました

まず何よりもリスクを気にする日本人あるあるですね・・。

 

しかし、副業を取り入れるメリットはかなりあります!!

 

個人のメリット

  • 収入の安定(キャッシュポイントの多岐化・収入の増加)
  • 能力の向上(様々な仕事を経験して視野が広がる・スキルが得られる)
  • 人脈の拡大
  • マンネリ化の防止
  • 個人の力を試せる

 

企業のメリット

  • 社員の能力の向上
  • 優秀な人材の引き抜き防止
  • 労働力不足の防止

 

政府のメリット

  • 労働力不足の防止
  • 成長産業への雇用の流動化
  • 優秀な人材の増加
  • 税収が増える
  • 所得が増えて消費が活発になれば、景気が良くなる

  

実際に副業を導入している企業の例

 

しかし、上のメリットを見ると、「 企業のメリットだけ薄くない?」と思ってしまいます。

 

なら副業なんて導入する企業はあるのか、というところですが・・・あります!

いくつか代表的なところを紹介していきたいと思います。

 

1.リクルートHD

 

副業OKと言えば、を思い浮かべる人は多いでしょう。

 

本業と競合しない範囲であればとのことですが、このように多様性を受け入れてドンドンと成長していく様には感服です・・。

 

2.サイボウズ

 

副業に関して社長自らGOサインを出しているイケイケの企業です。

 

cybozushiki.cybozu.co.jp

 

副業解禁だけではありません。副業や育児などの 個人の都合に合わせた勤務時間と勤務場所を選べる制度まで導入しております。その結果、2005年に28%だった離職率が、2015年には4%以下まで下がったとのこと 。

(参考:ワークスタイル | サイボウズ株式会社

  

3.ロート製薬

 

2010年までSMAP×SMAPのオープニングで流れていたあの企業です。

2016年の2月に副業解禁を発表して話題になりましたね。広告・メディア関係の企業で副業OKはよくありますが、製薬会社では珍しい。

 

また、以下のような熱いキャッチコピーを掲げているようです・・!

 

 「NEVER SAY NEVER」定義

世の中を健康にするために
自分の進むべき道を見据え
どんな困難にもめげず
常識の枠を超えてチャレンジし続けること。

(引用:新CI「NEVER SAY NEVER」制定 | ロート製薬株式会社

 

こんなアツい企業だったとは・・。

SMAPは解散してしまいましたが、ロート製薬の今後のご発展に期待です。

 

4.エンファクトリー

 

転職サイトを運営しているエン・ジャパンではないですよ!

ここがすごいところは・・

 

w-kawara.jp

 

副業OKどころか専業禁止!!!笑

 

そのまんまの意味で、「会社の業務だけこなすだけではダメ」とのこと。

能力の高い人が集まり、残業代は減り、でメリットしかないらしい。

 

「働き方」を支援する事業をする企業です。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今を時めく企業は考え方もいま時でカッコいいですね^^

 

徐々にきている副業解禁の流れ。本業が疎かにならない範囲での副業なら私は賛成です。

 

理由は2つ。

 

まず、労働の長時間化の問題がありますが、早朝出社してタイムカードを切らない&サービス残業が常態化してるより100倍マシです。

 

そして、副業のメリットであるキャッシュポイントの分散は運用での分散投資と似ています。今後どうなるかわからない日本に住むなら、リスクを分散して収益を安定させるに越したことないです。

 

というか色々なことやってた方が楽しいという本音です(笑)

 

ではでは