読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー桜

20代 お金×働き方の漫画ブログ

きはるのプロフィール ~野村證券を辞めるまでの心の変化

f:id:kisaru:20161208061805p:plain

 

 

 「きはる」はザックリこんな人! 

f:id:kisaru:20161208062018p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前

きはる

 

性格

  • 好奇心旺盛
  • アホなことにも積極的にオンライン」する性格
  • ノリと勢いだけある(失敗することも多い)
  • ただ、本質は超ネガティブ・根暗なDQN

 

仕事

フリーランスで色々なことをやってます

  • ブログ「モンキー桜」著者
  • イベント企画
  • LINEスタンプ作成

 

身長

162cm(コンプレックス)

 

体型

身長に比べて頭が大きい。猿顔。コンプレックスの塊。

 

趣味

  • 絵を描くこと
  • スノーボード
  • 投資・自己投資

 

夢・目標

  • 5年以内にネット上で漫画家になること。
  • 20代に人生・働き方に考えるきっかけを与えること

 

 

幼少期

f:id:kisaru:20161230035752j:plain

バリバリの会社員の父と美大卒の母との間に、次男として誕生する。

何よりも絵を描くのが大好きで、初めての夢は漫画家になることだった

 

 

楽しかった小学生時代

 

授業でよく発表するし、足も速かったし、図工も上手かったので、クラスの中心的存在であった。(人生のピーク)

漫画家を本気で目指すのは子供ながらに恥ずかしかったので、習い事はスポーツばかりしていた。

 

 

病んでいた中学校時代

 

中学校に入学すると、新しい環境で人見知りが発動し、周囲に全くなじめなかった。

 

2年生になると、周りの友人でヤンキーになる人が現れた。ヤンキーではない人も半数近くが万引きをするようになった。

いじめられた生徒、数人の先生はストレスで学校に来れなくなり、もはや教育機関というか不幸の温床のような中学校だった。

学校生活に漠然とした不安があり、私自身「自分は目を付けられないようにしよう」と人間不信になっていた。

 

この時期は生きる屍のようだった。

 

 

周囲に恵まれた高校時代

 

クラスと部活動のメンバーに恵まれて、楽しく学校生活を過ごせるようになった。

 

大学受験の頃、周りが将来について考える中、これまでやりたいことをやらずに過ごしてきた私には、何も夢や目標が無かった

とりあえず学力重視のデザイン大学を受けてみたが、全然点数が足りずに浪人した。

 

やりたいことを探した大学時代

f:id:kisaru:20161230040414j:plain

 

「浪人してデザイン学校は親不孝だ」と考えてしまった。そして、猛勉強して全国指折りの就職率の国立大学に入学した。

その後の4年間、楽しいことや辛いことがいくつもあった。

 

▼関連記事▼

www.wakamono-lifeplan.com

 

ただ、まともに勉強をしないで部活動・飲み会・パズドラばかりやっていたら、あっという間に就職活動を迎えてしまった。

 

 やりたいことはフワフワしており、クリエイティブそうな広告やモノづくり関係を受けていた。そして、金融は1ミリも興味が無かった。が、どういうご縁か野村證券に内定をもらった。

 

だが、実は春に就活を終えてから「やっぱりクリエイティブな仕事をしたい!」と、夏採用で1社、大手の広告企業を受けた。しかし、最終面接で不採用。

「好きなことと仕事は違う。」

「野村證券も良い会社だし自身の成長に繋がる」

と思い直し、野村證券に行くことを決意した。

 

野村證券に入社して

f:id:kisaru:20161230040856j:plain

 

野村證券では、平成の日本とは思えないような情熱的な営業をやってきた。

業界最大手の環境で学ぶことは多く、人間的に成長するのを実感できた。地道にやっていたら、2年目の時は全国でもぼちぼちの成績だった。

 

ただ、大きな契約を取った時も、心にあるのは達成感ではなかった

「これで今月は怒られなくて済む」という安堵感だけだった

 

原因は、「好きなことと仕事は違う」と感情に蓋をして仕事をしているから。

なので、やりがいをほとんど持てなかった。

 

絵を描いている時のように、時間を忘れて没頭する感覚、努力ではなく夢中になる感覚で働けたら幸せだろうなと思っていた。

 

だが、「そんな人生なんて無理だ」と過ごしていた。

 

入社3年目、脱サラを決意

 

ある日、Facebookで友達がシェアした記事が目に留まった。

 

大学の同期(ほとんど話したことない)が、会社を辞めてブロガーになり自由な人生を謳歌してお金を稼いでいた。

 そんな人生があるのかと衝撃を受けた。何度か話を聞きに行った。

 

▼関連記事▼

www.wakamono-lifeplan.com

 

そして、入社3年目の夏に退職を決意をする。

 

「一度きりの人生、やりたいことをして生きよう。」

 

当初、副業でブログを書くことも考えたが、金融は一般的に副業が禁止されている業界である。

また、プロブロガーになりたいというよりは、将来的に幅広くやりたいことがあったので、思い切って会社を辞めることにした。

 

よく「辞めれる勇気がすごいね!不安は無いの?」と言われる。もちろん不安はある。だが、私はやりたくない仕事に人生を捧げて、心も身体も壊すリスクがある方がよっぽど不安だった。

 

・・そんなこんなで今に至ります^^

 

今取り組んでいること

 

今はブログだけでなく、起業・副業・転職の支援に関する事業もしています。

 

また脱サラして1カ月目の11月、嬉しいことに簡単なイラストの依頼も入りましたーーー( ;∀;)ーーー!!

 

もう少し上手くなってから・・と思ってましたが、今後も需要があれば承ります!!

普段ブログで使っているクオリティより上手に書きます。

 

生い立ちを振り返っても、昔から心のどこかで絵を描いていきたい想いがあったんだと思います。そして26年目にして感情に素直になる生き方を選びました。

 

実際、今まで絵を描いてこなかった人が、脱サラして漫画家になるなど不可能に近いですよね。バクマンの脇役にそんな人いたけど・・。

ただ、漫画だからこそ若者に伝えられるものもあると思うので、ちょくちょく練習していきます。

 

質問は、どうでもいいこと以外承りません(笑)

 

こんな私ですがよろしくお願いいたします^^

 

ではでは 

 

▼あわせて読みたい▼